マンガ「砂漠のハレム」5巻を読んで

夢木みつるさんのマンガ「砂漠のハレム」5巻を読みました。
1巻から変わらないドタバタぶりを見せているミーシェとカルム王子のやり取りが面白く、飽きずに楽しめました。変化したところと言えば、ミーシェがカルム王子を想う気持ちをはっきりと自覚したことでしょうか。
今回は、衰退していた南州を統治し、豊かな繁栄をもたらしたカルム王子の手腕を改めて実感しました。本当にすごい人なので、それに比べて自分がちっぽけに思えてしまうミーシェの気持ちはとてもよく分かります。でもミーシェはミーシェらしさを発揮すれば、十分魅力的なのになとも思いました。木登りや力仕事を率先して引き受けたり、カルム王子の母である王妃に真っ向から反論したのは、彼女しかできない技でしょう。わかりやすく感情が顔に出てカルム王子に毎度からかわれるミーシェですが、冷静さを保とうと精一杯我慢しながら必死に笑顔を作る様子がなんとも可愛らしかったです。頼りになる妻を目指すミーシェを尻目に、何でもそつなくこなしてしまうカルム王子の姿は素敵でした。beatrizdecardauneur.com

マンガ「砂漠のハレム」5巻を読んで

お餅は美味しいと思う

お餅が好きだ。
そう言うと、大抵の人は「お餅なんてお正月にしか食べないよ」という反応をする。
なぜだ。モチモチしていてあんなに美味しいのに。
「食感だけで、餅に味は無いだろう」と言われることもある。
確かにお餅単体で食べると味は無いかもしれないが、砂糖醤油にきなこにバター、果てはピザ餅まで、
味のバリエーションは無限大だと思う。
食感に関しては、あの粘り気のある食感を表すために「モチモチ」という言葉があるくらいだ。
「もち」がそのまま形容詞になっているのだ。餅が息長く愛されてきたことの証明ではないか。
モチモチの食感は美味しい上に噛んでいて楽しい。素晴らしき、餅。
皆はお正月にだけ餅のことを思い出して、あとは今年の干支と共に忘却の彼方に遣ってしまうようだが、
私は一年中お餅を食べている。
冷蔵庫に入れておけば賞味期限も長いし、レンジでチンして砂糖をかけるだけで食べられるし、腹持ちも良い。
熱々のお餅にバターと砂糖を混ぜるととても美味しいことを最近発見した。
みんなも食べれば良いのになぁ。お餅。http://www.areaguideclassifieds.com

お餅は美味しいと思う

結婚してから同性愛者が羨ましくて仕方ありません

私は何の違和感もなく、普通に異性の男性と結婚し、子供をもち、今まで結婚生活を営んできました。結婚生活は特別不満がすごくあるというわけではありませんが、やはり異性である配偶者のことがよく理解できないことがあり困ることが非常に多く苦しくなることがあります。いわゆる男性脳や女性脳という類の違いが原因で、お互いがお互いを理解できないのかもしれませんが、一緒に長年生活していると色々と不満は募ります。

今の日本社会では離婚率はどんどん高くなってきていると聞きます。3カップル中、1カップルは離婚すると聞いたことがあります。そんなニュースを聞きつつ、一方では同性愛者が仲良くしっかり生きている姿を見ると、「あ〜、同性同士だったら心も通いやすいし、理解や共感できる部分が多いんだろうなぁ」と思わずにはいられない自分がいます。

結婚してから数年間は同性愛なんて他人事だと思っていた自分が、今はまったくその反対になってきているという不思議な現象を感じている今日この頃です。同性愛者のほうが一緒に生活するなら最高のパートナーとなる確立が高いと思うのは私だけでしょうか。

男性と女性は異なるからお互いを補い合いバランスがとれる、と思いたい反面、今の私にはwww.tatsumi-tosou.com

結婚してから同性愛者が羨ましくて仕方ありません